古殿町の農家民宿で郷土保存食を作ってみよう!いなか暮らし体験

 

冬の郷土保存食「凍み餅」をご存じですか?

「凍み餅」とは、冬の寒い時期に餅を軒先などに吊して寒風にさらし乾燥して凍らせて作る保存食です。

古くから伝わる「凍み餅」の作り方を教わりながら、伝統や地域の魅力に触れてみませんか?

 

都会では感じられない、のんびりとした時間。

田舎暮らしに憧れている方、お料理が好きな方、移住を検討されている方など、ぜひお気軽にご参加ください。

 

【日時・場所】

令和4年2月12日(土)~2月13日(日)1泊2日(*宿泊費補助あり)

《ふるさと工房おざわふぁ~む》

〒963ー8306
福島県石川郡古殿町田口字石畑135

ふるさと工房おざわふぁ~むは、米の生産をしながら、採れたお米で加工品を作っている。

また、昔から受け継がれている保存食や郷土料理を復活・普及させる取り組みもしており、次の世代に繋ぐため様々な活動をしている。

【参加資格】

・福島県外にお住まいの方
・県中地域への移住・二地域居住を検討している方(Uターン含む)
または県中地域における働き方や暮らし方に興味・ 関心がある方
・新型コロナウィルス感染症感染防止対策にご協力いただける方

【募集人数】

1~3名

【募集期間】

令和3年12月6日(月)~令和4年1月28日(金)

【当日スケジュール】

1日目

15:00 ふるさと工房おざわふぁ~む到着(*電車でお越しの方はご相談ください)

15:30 凍み餅作り体験(包む、編む作業)

17:30 地域交流(イルミネーション見学など)

19:30 夕食後、おざわふぁ~む宿泊(*宿泊費補助あり)

 

2日目

7:00~8:00 朝食

9:00 凍み餅作り体験(混ぜる、搗く作業)

12:00 昼食

13:00 古殿町いなか暮らし体験(藁編み体験)

15:30 プログラム終了

 

*宿泊費補助あり。詳しくは、ふくしまど真ん中チャレンジライフ事務局へお問合せください。

*交通費、飲食費(宿泊に含まれる場合を除く)は参加者自己負担となります。

 

 

>>参加申し込みはコチラから!